矢板壁の控え直杭に関する実験的研究

発行年月 1983年12月 港湾空港技術研究所 報告 022-04-02
執筆者 高橋邦夫,荘司喜博
所属 土質部 主任研究官
要旨 矢板のたわみ性控え工としての控え直杭の抵抗評価については,地震の被災例調査等から,そのたわみが設計よりも大きいという指摘がされていた.そこで,現在の設計法の根拠となっている久保等の実験的研究及びその設計への応用について問題点を検討し,久保等の実験よりも現実に近い形の模型実験を行った.すなわち,実際と同様,控え直杭及びタイロッドが地中に埋っているモデルを用い,条件として土被り厚さ,壁と杭の距離等を変えた19ケースの実験である.その結果に港研方式杭の横抵抗理論を適用して解析し,設計への応用法を検討した結果,矢板壁の控え直杭に対しても同理論があてはまる事,S型地盤中の杭とした解析には無理があり,横抵抗定数のとり方によっては現在の設計法に問題があること,C型地盤中の杭として解析した方が合理的であること,最も現実に近いモデルは台形分布の横抵抗定数を仮定した場合であること等がわかった.
全文 vol022-no04-02.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る