川崎港海底トンネルでの地震応答観測と応答解析

発行年月 1983年9月 港湾空港技術研究所 報告 022-03-08
執筆者 清宮理,西澤英雄,横田弘
所属 構造部 沈埋構造研究室
要旨  川崎港海底トンネルでは,地震計,鉄筋計,表面ひずみ計等の各種の測定計器が沈埋トンネル内部及び周辺地盤に設置されている.1979年10月以来これらの観測計器を用いた地震応答観測が行われており,1982年末までに14個の地震波記録が取得された.取得された地震記録の解析を行い,当沈埋トンネルの地震応答特性を調べた.
 沈埋トンネル軸線沿いの各地点での地震波の軌跡,振幅等を整理したところ,地震の性質によって沈埋トンネルの振動特性が異なることが判明した.また,沈埋トンネルに生ずるひずみの値と地震の諸元との関係を求めた.
 地震波の伝揺の現象を考慮した質点系モデルによる動的応答計算法の整備を行った.この計算法を用いて動的応答計算を実施したところ地震応答観測から得られた結果を良く説明できることがわかった.したがってこの動的応答計算手法の有用性が認められた.
全文 vol022-no03-08.pdf(PDF/3.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る