波力発電ケーソンの空気出力効率の解析-波エネルギーに関する研究 第1報-

発行年月 1983年9月 港湾空港技術研究所 報告 022-03-05
執筆者 小島朗史,合田良実,鈴村諭司
所属 水工部 波エネルギー研究室
要旨  空気タービン方式の波力発電ケーソンを対象に,理論および実験によってその空気出力特性ならびに水理特性について検討した.
 理論は熱力学的考察に基づいて入射波の条件と空気室の応答とを接続して導いたもので,入射波などの水理条件と空気室諸元とを与えれば,空気出力効率や空気室内の圧力変動を解析的に求めることができる.空気出力効率の計算値は周期の比較的長い条件(h/L<0.25)でノズル比が小さい条件(ε<1/50逢において実験結果と良く適合している.
 効率を最大とする空気室の諸元は入射波の条件によって変化するが,最適ノズル比はε=1/300~1/125,空気室幅はB/h=0.8~1.5,カーテンオォール没水水深dc/HI=0.5~1.0程度である.
 以上から,ある一定の波浪条件に対し,効率を最大とする空気室の諸元を求めることができるようになった.
全文 vol022-no03-05.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る