水面波の非線型性パラメーターの統一的表示について

発行年月 1983年9月 港湾空港技術研究所 報告 022-03-01
執筆者 合田良実
所属 水工部 水工部長
要旨 波浪の非線型現象を記述するパラメーターとして,深海波の波形勾配と長波のアーセル数を連続させる新しい経験的パラメーターが提案された.波形の相対波頂高,ひずみ度,および波高と波形のrms値との比が新しいパラメーターの関数として統一的に表示できることが,第3次近似ストークス波とだい2次近似クノイド波の理論波形,規則波の実験データ,ならびに沿岸域における現地波浪データによって確認される.波浪スペクトルが成分波間の2次干渉によって変形する現象も新パラメーターによって支配される.スペクトルから求められる平均波周期,スペクトルの尖鋭度,およびスペクトルの高周波側の勾配はすべて非線型性パラメーターの増加につれて減少する.
全文 vol022-no03-01.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る