2次元アレーによる地震動の観測と解析(第1報)-1977年6月4日東京湾北部の地震-

発行年月 1983年6月 港湾空港技術研究所 報告 022-02-08
執筆者 土田肇,井合進,倉田栄一
所属 構造部 構造部長
要旨  本報告では,1974年4月から羽田で行っている2次元アレー観測とこの観測により得られた解析結果について報告した.アレーの全長は2500mである.本報告の前半には,第2報以下に続く報告のことも念願において,観測システムや記録の処理方法等,一連の研究の基本となる事項について取りまとめた.
 本報告の後半においては,羽田の直下からややずれた位置に震源を持つ小地震の記録の解析を行った.その結果,重複反射理論の適用性を支持する結果が得られた.また,相隣れる二点への入射波の到達時刻の差を求めるための方法として,本報告で考えた地震波の伝播モデルが有効である可能性が示された.一方,入射波の波形とその大きさは,2000m離れた相隣れる2点間では似ていないことが示された.
全文 vol022-no02-08.pdf(PDF/3.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る