老化にともなうアスファルトコンクリートの性状変化-70℃の熱履歴による促進老化の場合-

発行年月 1983年6月 港湾空港技術研究所 報告 022-02-06
執筆者 八谷好高,福手勤,佐藤勝久
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  アスファルトコンクリートの老化をもたらす自然環境の要因として熱を取り上げ,老化がアスファルトコンクリートの力学性状や温度応力クラックの発生に及ぼす影響を室内試験により明らかにした.同時に施工目地の力学性状にも考察を加えた.
 その結果,老化にともなって,アスファルトコンクリートが硬く,もろくなること,温度応力クラックが発生しやすくなることが認められた.また,施工目地のあるアスファルトコンクリートは,ないものに比べて,熱履歴および繰返し温度変化により破壊しやすいこと,目地の種類別ではコールドジョイントが最も破壊しやすいこともわかった.アスファルトコンクリートの老化防止策としてはアスファルト量の適度な増加が妥当性なものであることが示された.
全文 vol022-no02-06.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る