超音波流速計による潮流観測と水平・鉛直拡散係数の算定

発行年月 1983年6月 港湾空港技術研究所 報告 022-02-04
執筆者 村上和男,森川雅行
所属 海洋水理部 海水汚染水理研究室
要旨  本報告は,大阪湾泉南沖に設置された潮流観測塔において,3方向の超音波流速計を用いて潮流の連続観測を実施し,潮流の調和定数を算定するとともに潮流場における水平・鉛直拡散係数の算定を行ったものである.
 本調査の結果,大阪湾の潮流はM潮が卓越している.また恒流は4cm/s程度の南西流を示している.オイラー流の乱れ及び自己相関係数より求めた水平拡散係数は,潮流を乱れとみなした場合に(3~6)×105cm2/s,潮流とみなした場合に(1~3)×103cm2/sであった.観測データより潮流成分を除去する方法は,フーリエ級数展開による6時間以上のすべての長周期成分を差し引く方法を採用した.同様の方法による鉛直拡散係数の算定を行い,(13~150)cm2/sの結果を得た.鉛直拡散係数については,水深方向の拡散時間を考慮して,2時間以上の長周期成分を除去している.
全文 vol022-no02-04.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る