吹送流に関する風洞実験-吹送流の発生に及ぼす反流の効果-

発行年月 1983年6月 港湾空港技術研究所 報告 022-02-03
執筆者 鶴谷広一,中野晋,加藤始,一戸秀久
所属 海洋水理部 水理研究室
要旨  風洞水路における吹送流を,反流の生じる場合と生じない場合について実験により検討した.
 反流ありとなしでは表面の大きさに違いがあり,反流ありの場合表面流速は平均風速の3.3%となることがわかった.反流のあるなしで風洞内圧力で補正した水面勾配には差があらわれなかった.
 吹送流の流速分布式を,反流のある場合とない場合について導いた.この式を使って風の条件から推定した表面流速は水深の関数となること,そして,これまでの他の研究者の結果がこの水深の違いでほぼ説明できることが確認された.
全文 vol022-no02-03.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る