多量データを対象とした等値線自動描画アルゴリズムの開発

発行年月 1983年6月 港湾空港技術研究所 報告 022-02-02
執筆者 橋本典明,高橋智晴
所属 水工部 高潮津波研究室
要旨  通常,電算機用として一般的に備えられている等値線描画プログラムでは,例えばリモートセンシングデータのように数十万~数百万個といった多量の格子点の値を用いる場合には,主としてメモリーの関係で適用することができない.
 そこで簡単なアルゴリズムを有し,かつあまりメモリーを要しない等値線描画プログラムを開発して,リモートセンシングデータに適用した.さらに本プログラム多種多様なデータに適用するための汎用化の方法を検討し,その一例として補間機能を付加することを試みた.
 リモートセンシングデータに対する本プログラムの適用結果は,作図の確実性,処理時間,所要メモリー等に関して十分満足すべき結果が得られ,その実用性が確認された.また一般的な離散化データに補間処理を施して等値線を描画する際の問題点,注意事項等を示し,今後の汎用化のための2,3の検討を行った.
全文 vol022-no02-02.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る