大河川河口部周辺の移動床模型実験-吉野川河口周辺地形変化について-

発行年月 1983年6月 港湾空港技術研究所 報告 022-02-01
執筆者 加藤一正,田中則男,木村久雄,赤石正廣
所属 水工部 主任研究官
要旨  本報告は,吉野川河口右岸海岸の埋め立てが,河口周辺の砂州,海底砂堆の変化に及ぼす影響を石炭粉を用いて移動床模型実験(水平縮尺1/220,鉛直縮尺1/100)で検討したものであり,特に現地自然条件と現況再現実験について詳しく述べている.
 実験では,地形変化の外力として,吉野川の洪水,波浪,潮汐が考慮された.模型の時間縮尺は,砂州の変形の相似性より,実験8潮汐(約4.5時間)が現地3.3年に相当すると判断された.
 将来予測実験では,洪水と波の作用を交互に2回くり返し発生させた.その結果,埋め立て地形の影響は,すぐ近傍の局所的な範囲の地形変形に現われるだけで,砂州変形の大勢の及ぶものではないことが明らかになった.
全文 vol022-no02-01.pdf(PDF/6.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る