東京湾口を航行する船舶相互間の位置関係に関する解析

発行年月 1983年3月 港湾空港技術研究所 報告 022-01-04
執筆者 早藤能伸
所属 設計基準部 システム研究室
要旨  泊地及び船路等の水域計画にあたっては,その形状または交通容量等を決定するため,航行する自船と他船との位置関係が基礎資料として欠くことのできないものである.
 本研究は,レーダーを利用した東京湾の観測データである2,300隻の船舶航行データについて船舶相互の位置関係を解析したものである.解析は,電算機を利用して,相対位置密度分布図,相対航跡図及び見会状況図を作成して行った.
 解析の結果,東京湾を航行する船舶に関し,他船の前方・後方及び側方通過距離並びに自船に交差する他船の避航開始距離などを得ることができた.
全文 vol022-no01-04.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る