定率ひずみ方式による急速圧密試験の混合土への適用性

発行年月 1983年3月 港湾空港技術研究所 報告 022-01-02
執筆者 梅原靖文,松本一明,石井一郎
所属 土質部 動土質研究室
要旨 砂と粘土の混合土の圧密特性の評価に関連し,定率ひずみ圧密試験法の混合土に対する適用性を調べた.すなわち,試験方法,ひずみ速度及び土のタイプ(塑性指数Ip)がc~logσ′特性,圧密定数及び圧密降伏応力などに及ぼす影響を検討した.その結果,精度の良い間隙水圧測定に配慮した供試体作成法及びセットの方法を採用することにより,Ipが13程度以上の土に対しては,定数ひずみ圧密試験の結果は標準圧密試験結果と実用上良好な対応を示し,急速圧密試験法としての観点からの有用性が確認された.また,Ipがさらに小さくなると圧密係数cυ決定上制約のある標準圧密試験に比べて定率ひずみ圧密試験法の有効性が一そう顕著となることが指摘された.さらに,シルト分の多い地盤の圧密による強度増加の推定に関連し,定率ひずみ圧密試験結果の活用性を示した.
全文 vol022-no01-02.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る