遠距離を伝播してきたうねりのスペクトルと波の連なりの解析

発行年月 1983年3月 港湾空港技術研究所 報告 022-01-01
執筆者 合田良実
所属 水工部 水工部長
要旨  約9000kmを伝播してきたうねりの波形記録49例を解析した.この記録は,波の連なりの現象が顕著であり,中央波高を越える波高の連の平均長が3~6に達する.また,相隣り会う波高間の相関係数は0.5~0.8と高い.波高の連長の確率分布は,この相関係数を考慮した木村の理論とほぼ一致する.なお,この相関係数は波のスペクトルの尖鋭度パラメータと密接な関係にある.
 FunkeとMansardの提案した平滑化波エネルギー時間曲線の概念は波高の連と等価であり,またGroupiness Factorは波の連なりの長さとの相関が認められない.
 このうねりのスペクトルはピークが非常に鋭いことが特徴である.浅海域における成分波間の非線型干渉によって顕著な2次ピークが発生しているが,主ピークは独立な線型成分波で構成されていることが確認される.波の連なりは,スペクトルのピークの尖鋭度によって支配される線型な現象であることが検証された.
全文 vol022-no01-01.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る