底開式バージによる捨石マウンドの造成に関する実験

発行年月 1982年12月 港湾空港技術研究所 報告 021-04-04
執筆者 奥出律,山谷弘幸,松本茂
所属 機材部 特殊作業船開発室
要旨  庭開式バージから捨石を投入する場合,バージからの投石条件と投石水深が海底に堆積する捨石マウンドの形状に及ぼす影響を実験的に研究した.
 投石条件を支配するホッパ開口速度と投石時間の間には双曲線的相関が認められた.投石条件を表す量として,投石時間,ホッパ開口幅およびホッパ単位長当り投石量を変数とする投石変数を定義し,一方,捨石マウンドの形状わ表す無次元捨石マウンド形状係数を定義し,両変数の相関を考察した.両変数の間には直線的相関が認められたが,そこくには投石水深の影響がみられた.
 捨石マウンド形状係数を投石変数と投石水深を変数とする実験式で表し,現地試験データと比較して相似性を考察した.
 投石時における波の影響は,バージを係留した状態では,特に顕著なものではなかった.
全文 vol021-no04-04.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る