鋼矢板壁の透水実験

発行年月 1982年12月 港湾空港技術研究所 報告 021-04-02
執筆者 荘司喜博,粂田政治,冨田幸晴
所属 土質部 基礎工研究室
要旨  鋼矢板継手部の透水に関する基本的特性を把握するための室内実験を行った.内容は,Ⅲ型鋼矢板(ラカワナ型継手)を加工した矢板壁の背後に水圧をかけ,継手部からの流出量と矢板壁前後の圧力水頭を測定するものである.実験ケースは,緊張の程度の異なる継手状態と,砂詰めの有無など矢板壁前後の異なった状態を組み合わせたものである.
 実験結果では,継手単位長さ当たりの流出量qは,q=K・hn(h;継手前後の圧力水頭差,K,n;係数)で表現でき,継手部の砂詰まりの有無によって,それぞれn≒1.0,0.5であった.この結果は,継手部を狭水路とみなして水理学的に説明できる.又,実用的には,n=1.0,0.5として取扱えることがわかった.さらに,以上の結果をふまえて実際の透水計算における矢板壁の取扱いについて考察した.
全文 vol021-no04-02.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る