恒流に及ぼす風と淡水流入量の影響-泉南沖データ(1978~1981)による検討-

発行年月 1982年12月 港湾空港技術研究所 報告 021-04-01
執筆者 村上和男,森川雅行,坂口達也
所属 海洋水理部 海水汚染水理研究室
要旨  本論文は,1978年1月から1981年11月までに泉南沖で取得された潮流と海上風および枚方における淀川の流量のデータを用いて,恒流に及ぼす風と淡水流入量の影響を検討したものである.潮流は基本水準下3,9,16mの三層で超音波流速計により測定されている.
 年間データの調和解析から得られた恒流の絶対値は,海域への淡水流入量と強い正の相関を持つ.年間スケールでは風はほぼ一定なので恒流の変動に影響しないと考えられる.90,30,15日間データの調和解析による各層の恒流の東方・北方成分は海上風の東方・北方成分とは正の相関,淀川の流量とは負の相関をもつことが主成分分析により明らかになった.データの期間が短くなるにつれて,恒流と流量の相関は低くなるが,風との相関はあまり変わらない.25時間移動平均による恒流の変動は,海上風の24時間移動平均値を説明変数とした重回帰式により表され,恒流が風の影響を受けていることがわかった.
全文 vol021-no04-01.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る