根入れ鋼板セルの耐震性に関する実験的研究

発行年月 1982年9月 港湾空港技術研究所 報告 021-03-03
執筆者 野田節男,北澤壮介,飯田毅,森信夫,田淵博
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨  根入れ鋼板セルの耐震性を明らかにするために,直径1m,支持地盤面上の高さ1m,根入れ比(根入れ長/支持地盤面上のセル高さ)0,1/4,1/2,の3連セル護岸に対する振動実験を行い,以下の結果を得た.
1)強震動を受けたときのセルの外観上の挙動は剛体的であり,ロッキング振動が卓越している.また,護岸の安定性に及ぼす根入れの効果は顕著である.
2)裏埋土圧合力は,現行設計法による地震時主働土圧合力より小さい.根入れ部前壁土圧は,支持地盤表面付近で最大となる逆三角形分布を示し,その合力は地震時受働土圧合力に比べて非常に大きい.
3)セルの慣性力に寄与するセルの質量は見掛け上,加速度の増加ととに減少し,この見掛けの質量の減少を表す実験式を得た.
4)地盤をばねに置換する計算法による結果は,セルの変位や土圧の実測値とほぼ一致したことから,この方法は根入れ鋼板セルの地震安定性を適切に評価できる.
全文 vol021-no03-03.pdf(PDF/5.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る