直立消波ケーソンの反射率に関する理論及び実験的研究

発行年月 1982年9月 港湾空港技術研究所 報告 021-03-02
執筆者 谷本勝利,吉本靖俊
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  直立消波ケーソンの例として縦スリットケーソンをとりあげ,規則波が直角に入射したときの反射率に及ぼす各種要因の影響を考察したものである.
 まず,消波ケーソンの水理性に対する一般式を求め,各種要因の影響を比較的簡単なかたちで把握できるように近似理論を展開し,反射率の理論式を導いた.そして,実験により理論式中の含まれる損失係数と有効慣性長を定式化した.これを用いた反射率の計算値と実験値の相関係数は0.907であり,全実験データの70%は絶対値で計算値±0.1の範囲に入っている.
 反射率に最も影響を与える要因は,遊水室内の波長に対する相対遊水室幅で有り,この最適値は入射波の相対水深,透過壁の深さ,遊水室幅により決まる.その他,透過壁の開口比が重要で,最適開口比は,透過壁の深さが全面水深より浅くなるにしたがって大きくなる.
全文 vol021-no03-02.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る