不規則波実験による混成堤マウンド被覆材の安定性に関する研究

発行年月 1982年9月 港湾空港技術研究所 報告 021-03-01
執筆者 谷本勝利,柳生忠彦,村永努,柴田鋼三,合田良実
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  混成堤マウンド被覆材の安定性に関するこれまでの研究は規則波によるものが主で,不規則波に対しどのように適用していけばよいかということは明らかにされていない.そこで,本報告では不規則波実験によって混成堤被覆材の安定性を検討した.
 本研究の結果,不規則波の作用は有義波高に等しい波高を持った規則波の作用より,著しく破壊的であることが明らかとなった.そして,被覆石及び実験用に新しく考察した被覆ブロックについて,不規則波実験効果に基づく安定数の算定法を提案した.これは,基礎捨石マウンドの形状と波の条件を結合した二つのパラメータによって定式化したものである.これを用いて被覆材の安定重量を求めることができる.実験条件に適用してみた結果,適合性の高いことが確認された.
全文 vol021-no03-01.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る