7年間海洋環境下に暴露したプレストレスコンクリートはりの耐海水性について

発行年月 1982年6月 港湾空港技術研究所 報告 021-02-06
執筆者 大即信明,下沢治
所属 構造部 主任研究官
要旨  近年,PCを用いた港湾構造物の設計施工が盛んとなり,PCの耐海水性に関する情報が一層必要となった.
 本研究では,設計施工上から早急に何らかの情報が必要とされる1かぶりの問題,2新しいタイプの防食方法の問題,および,3接合部と定着部の問題,について検討した.
 試験としては,かぶり,プレストレスの導入方法などを変化されたPCはりを7年間海洋環境下に暴露した後,コンクリート内部の鋼材の腐食状況の観察,モルタル中の塩素含有量の測定,および電気化学的な測定を行った.
 この試験結果の範囲で次の結論が得られた.すなわち,1プレテンション方式のPC鋼より線のかぶりを小さくすることは防食上好ましくない.2エポキシ樹脂塗装は防食上効果が認められた.3既往の定着部保護では防食上不十分である,などが判明した.
全文 vol021-no02-06.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る