コンクリート舗装の目地部における荷重伝達機能

発行年月 1982年6月 港湾空港技術研究所 報告 021-02-05
執筆者 福手勤,八谷好高,山崎英男
所属 土質部 主任研究官
要旨  本報文ではコンクリート舗装の目地部における荷重伝達機能を実験的に,および有限要素解析で理論的に検討している.
 試験舗装は(式)の路盤上に施工された4枚のコンクリート版(各版とも縦横4.25m,厚さ27cm)から成る.これら4枚の版はのこみぞ目地,かぎ型目地,スリップバー目地(Φ32,38mm)の4種類の目地によって区切られている.これらの目地の目地幅を変化させつつ載荷試験を実施し,その挙動を測定した.
 有限要素解析はWinkler地盤上の版に関するものである.目地部における荷重伝達の不連続性は,目地部において版を分離し,それらを線形バネ要素によって結合することによって,モデル化を図った.
 実験と解析の結果を統合し,より合理的なコンクリート舗装版厚設計方の考え方を示した.
全文 vol021-no02-05.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る