各種消波工による越波流量の減少効果

発行年月 1982年6月 港湾空港技術研究所 報告 021-02-04
執筆者 高山知司,永井紀彦,西田一彦
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  海岸護岸の天端高の設定にあたっては,越波流量を許容値以下に抑えることが重要であるが,環境や景観面および海浜の利用上の配慮から,天端高をなるべく低く抑える要請も強い.そこで,不規則波を用いた越波流量模型実験を実施し,護岸前面に異型ブロックを設置したブロック積み消波護岸,縦スリット状の直立消波護岸,斜階段護岸,あるいは護岸前面に透過式離岸堤を設置した場合の,越波流量特性を検討した.
 合田による越波流量算定図を近似する式を作成し,越波流量と天端高の関係を明確にし,実験によって得られた消波構造による越波流量減少量を天端高の低減量に換算できるようにした.この結果,各種消波構造による所要天端高の低減効果を明らかにすることができた.
全文 vol021-no02-04.pdf(PDF/4.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る