レーザー・ドップラー流速計による砕波帯内の流速場の構造の解明

発行年月 1982年6月 港湾空港技術研究所 報告 021-02-02
執筆者 灘岡和夫,近藤隆道,田中則男
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  従来適当な測定手段がなかったことから実態の解明が遅れていた砕波帯内の流速場に関して,新しい流速計であるレーザー・ドップラー流速計を用いた実験を行った.
 その結果,砕波帯内の流速場を特徴づけている流速波形の非対称性,乱れ,連行気泡およびEuler平均流速の空間分布状況が明らかにされた.また,これらの諸量間の関連性の分析を通じて,砕波帯内の流速場は,岸沖方向に,遷移領域とbore確立領域とに明瞭に二分されることが示された.さらにbore確立領域は,大規模渦やそれに伴う高周波数の乱れと連行気泡の存在によって特徴付けられる上層と,上層から拡散して底面付近に到達した高周波数の乱れが底面近傍にsourceを物乱れと混在している領域である底層とで構成されることが明らかになった.
 また,底質移動の直接の外力となる底面流速を,Euler平均流速と流速波形の非対称性という二要素に分離して把らえることにより,底質移動特性との関連性が把握された.
全文 vol021-no02-02.pdf(PDF/3.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る