係船岸におけるたわみ性控え工の設計に関する研究(第2報)-実験的考察-

発行年月 1982年3月 港湾空港技術研究所 報告 021-01-04
執筆者 松並仁茂,吉田行秀
所属 設計基準部 設計基準部長
要旨  港湾の技術基準では,係船岸のたわみ性控え工の位置は,杭の曲げモーメント第1零点lm1を用いて,杭の前面に杭頭からlm1/3の深さより発進する受働すべり面と壁体背後の主働すべり面の交差位置をとおる水平面を仮想地表面とし,この面がタイロッドの上側にくるよう定められている.これは久保らの実験的研究を参考にして定めた設計基準であるが,実験は地表面杭についてのみ行われ,地中埋設杭については行われなかった.ここでは,この点に着目し,係船岸の模型実験によって,地中に埋設されているたわみ性控え工の挙動を確認することにした.その結果,地中埋設杭は基本的には地表面杭と同様な特性を示すが,土かぶり厚さの影響は顕著であった.
 提案方式と実験値を比較したが,有効長を特性長の3倍とするときより5倍とするときの方が,よく一致することが確かめられた.以上により,提案方式は地中埋設杭に対して有効な算定方式であることがかった.
全文 vol021-no01-04.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る