下層2層流についての実験的研究

発行年月 1982年3月 港湾空港技術研究所 報告 021-01-02
執筆者 加藤始,中野晋,池田高則
所属 海洋水理部 海洋水理部長
要旨  小型の2層流実験水路(幅15cm,高さ30cm,全長3.1m)を使って,静止した真水層の下に塩水を流す下層の2層流実験を行った.平均流速分布や乱れはホットフィルム流速計を使って測定した.なお,実験は水路幅5cm及び15cmの場合について行った. 
 実験の結果から,連行係数Eは層平均リチャードソン数Rt.のみの関数とはいえず,下層流の乱れが増すとEも大きくなる.15cm幅で乱れが大きい場合には,(式)の関係が得られた.
 密度分布の特性長lpは内部波の発生と密接に関係するとともに,Rt.の関数であることが示された.また,乱れの測定結果から,水平・鉛直2方向の乱れの分布や代表点でのパワースペクトル,並びにレイノルズ応力の分布の示し,鉛直流速分布の測定結果から,界面の少し下でCsanadyが提案した界面法則と動揺の対数法則が成り立つことが確認された.
全文 vol021-no01-02.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る