超音波式波高計の改良とその効果について

発行年月 1982年3月 港湾空港技術研究所 報告 021-01-01
執筆者 高橋智晴,佐々木弘
所属 水工部 海象観測研究室
要旨  1969年に著者等が開発した超音波式波高計水中発射型を全国各地で運用していると,その測定記録の中に異常な波形が出現するという測定障害が発生し,その改善が必要となった.
 異常波形の発生要因を実測により検討したところ,砕波などにより海中に混入した気泡群と海底から舞上がった浮遊土砂などによる音波の著しい減衰と異常な反射であることが判明した.
 このような実態をふまえて,改良回路として受波信号のレベルに応じて音波出力を自動調節するAPC回路とトリガレベルを自動設定して信号検知を行なうATL回路を考察した.
 改良された波高計による測定障害の改善度は,在来方式との比較観測の結果によれば,総合的にみて90%,障害の内容によってはそれ以上と求められた.
全文 vol021-no01-01.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る