水との連成を考慮した大型混成式防波堤の振動特性と動水圧

発行年月 1981年12月 港湾空港技術研究所 報告 020-04-02
執筆者 上部達生,野田節男,千葉忠樹,桧垣典弘
所属 構造部 主任研究官
要旨  釜石の湾口の大水深域(-60m)に建設が予定されている混成式防波堤は,地震直後の津波防護を目的としており,防波堤の耐震性の検討は重要な課題となっている.このため,水中に制作した模型の振動実験及び有限要素法による地震応答計算により,水の連成を考慮した大型混成式防波堤の振動特性及び動水圧について検討した.
 構造物-水連成系の有限要素法による地震応答計算手法を実務で使う場合にはモデル化,定数の設定等に関し,実際の現象を表現できるかどうか十分な検討が必要である.このことをふまえて構造物-水連成系の有限要素法による地震応答計算結果と模型振動実験の振動特性と動水圧の測定結果の比較検討により計算手法の検証を実施した結果,ここで検討した地震応答計算手法が妥当なものであることが確認された.
全文 vol020-no04-02.pdf(PDF/2.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る