組杭式プラットホームの地震応答観測と応答計算

発行年月 1981年9月 港湾空港技術研究所 報告 020-03-05
執筆者 上田茂,白石悟
所属 構造部 海洋構造研究室
要旨 組杭式プラットホームにおいて地震応答観測を実施し,合計10本の地震応答記録を取得した.取得した記録を解析し,対象とした構造物の振動特性を検討した.また,一質的モデルを用いて,プラットホームの地震応答計算を行い,応答計算値と実施値とを比較した.その結果,シーバースのローディングプラットホームのように送油配管や連絡橋で周辺の施設と連結している構造物では,それらの剛生の影響を考慮してモデル化する必要が明らかになった.また,地震応答観測結果から,観測対象としたプラットホームの減衰定数は,バース係船法線直角方向で0.03,法線平行方向0.04であった.また,杭の付加質量係数としては1.0を用いるのがよいことが判った.これらの諸定数を用いた地震応答計算結果は,観測結果と良く一致した.
全文 vol020-no03-05.pdf(PDF/3.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る