土質定数のバラツキを考慮した不同沈下の推定

発行年月 1981年9月 港湾空港技術研究所 報告 020-03-04
執筆者 奥村樹郎,土田孝
所属 土質部 土質部長
要旨  軟弱地盤上に造成された埋立地では,しばしば不同沈下が構造物に大きな被害を与えることがある.本報告は,主として土質定数のばらつきを考慮して埋立地内に将来性じる不同沈下量を推定する手法を開発したものである.
 まず,各地の港湾における港湾構造物や埋立地の沈下実測記録を集めて統計的に分析した結果,同じような土質条件や荷重条件のもとでは,沈下量のばらつきがほぼ正規分布,または対数正規分布していることがわかった.
 この結果にもとづき,沈下に関する地盤の諸定数を確率モデルで表わし,実際の埋立と同じ載荷条件を与えて埋立地内の沈下量のばらつきを計算する数値シミュレーションプログラムを開発した.
 実際の大規模埋立の事例について,このプログラムを用いて求めた計算沈下量は,実測されている沈下記録とほぼ一致した.したがって,このプログラムを用いて,埋立地内の不同沈下量を推定しうることが確かめられた.
全文 vol020-no03-04.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る