流れの中の風波についての実験的研究(第3報)-波の推算法とその検証実験-

発行年月 1981年9月 港湾空港技術研究所 報告 020-03-03
執筆者 加藤始,鶴谷広一,寺川博也
所属 海洋水理部 海洋水理部長
要旨  本報告においては、第2報において新しく提案した等価吹送距離の考え方を用いて流れの中での波の推算手法を提案した.この中で流速が大きな逆流の場合に、風上端で波の群速度が負になるという問題が生ずるために以下の2つの仮定を用いている.
 (1)風上端(F=0)において、Cg≒0でかつCg〉0となるような波長L0をもつ波が生ずる. 
 (2)風上端で生じた波長L0の波のその後の発達は、流れがない場合にF=F0においてL=L0の波が生じたときその後の発達と同じとみなせる.
 今回の検証実験では、未確認のまま残されていた仮定(2)の検証を行い、同時に仮定(1)の詳しい再検討も行ったが、これらの2つの仮定がほぼ妥当なものであることが検証された.
全文 vol020-no03-03.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る