共分散法を用いた波向測定方式の数値的検討

発行年月 1981年9月 港湾空港技術研究所 報告 020-03-02
執筆者 合田良実
所属 水工部 水工部長
要旨  波向観測における標準的なデータ解析法の試案として,観測される時系列データ間の共分散値を用いて波向および方向集中度を算定する方式を検討した.
 波向の異なるうねりと風波が重畳した二方式波浪系の場合,Longuet-Higginsの示した二つの波向の定義のうち,主波向は不適切な方向を指示することがあり,波向としては平均波向を用いるべきである.このため,表面ブイあるいは2方向流速計による波向観測でせ鉛直方向の波浪成分の測定も必要である.方向集中度の指標としては共分散値か求めらられる平均分散角を新しく提案する.
 共分散法の適用性は,標準方向スペクトルに対する不規則波形の数値シミュレーションで検証された.また,統計的変動性に基ずく波向等の推定誤差が見積られ,クロススペクトル密度の信頼限界が数値的に明らかにされた.
全文 vol020-no03-02.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る