経験的固有関数によるエッジ波の解析

発行年月 1981年9月 港湾空港技術研究所 報告 020-03-01
執筆者 加藤一正
所属 水工部 主任研究官
要旨  本論文は,汀線付近の波の遡上線の沿岸方向の変化を測定し,そのデータを経験的固有関数で解析することにより,重複エッジ波の存在を明らかにしたものである.波の遡上線の沿岸方向変化とは,仙台港の南海岸において空中写真を用いて観測した.
 解析の結果次のことが明らかになった.(1)重複エッジ波は,Ballの理論の限界状態のモードに応対していた.
(2)各モードの重複エッジ波の振幅は,エッジの周波数(あるいは波数)に反比例していた.(3)同時に測定した砕波帯内の流れのクロススペクトル解析の結果にも,経験的固有関数で解析されたエッジ波成分が認められた.
全文 vol020-no03-01.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る