排水効果を考慮した飽和砂の液状化強度

発行年月 1981年3月 港湾空港技術研究所 報告 020-01
執筆者 梅原靖文,善功企,浜田浩二
所属 土質部 動土質研究室
要旨 液状化試験法として多用されている動的せん断試験は,通常,非排水条件で実施される.港湾ならびに海洋構造物基礎地盤のように,表層まで完全に水浸し,かつ,比較的浅い飽和砂層の液状化の可能性を検討する場合には,液状化強さにある程度の排水効果を期待しうるものと考えられる.そのため,地盤の透水性k,排水距離Lを考慮して排水条件を制御しうる液状化試験法を考案し,各種の排水条件のもとで液状化に及ぼす影響要素の検討を行った.さらに,それらの要素を考慮した液状化の予測方法の提案を行った.また,既往地震による液状化発生地点において液状化の解析を行い,砂地盤上層部に含まれるシルト層の排水性が,液状化の発生に重要な影響を及ぼすということを明らかにした.
全文 vol020-no01.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る