ホーンジョイントによるPCプレキャスト版舗装の開発

発行年月 1980年12月 港湾空港技術研究所 報告 019-04-03
執筆者 佐藤勝久,福手勤,山崎英男,犬飼晴雄
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  閉鎖時間が長く取れない滑走路等の舗装工事のため,養生の不要なコンクリート舗装として,従来の欠点を改良した新しいタイプのPCプレキャスト版舗装を開発した.
 版の平坦性を取りやすくし,破損版の取り換えも容易にするため,ホーンドョイント(ホーン形状のポリエチレン製の中空管に円弧状結合鉄筋を版敷設後版表面から挿入し両者の隙間をグラウトしたもの)が考案された.
 試験舗装等の実施をとおし,ホーンジョイントによるPCプレキャスト版舗装構造は,大型航空機に対しても大きな耐荷力・耐久性・供用性を持つことが,またこの舗装工法は,版の結合方法のほか,版と路盤の隙間のグラフト方法や盤敷設時の版相互の段差および是正方法等関連技術についての新しい開発があったことから,極めて簡単・じん速な施工性を持つことが判明した.また,ホーンからグラウトや鉄筋が抜き取れることにより,部分的に破損板の取り換えができることも確認された.
全文 vol019-no04-03.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る