繰り返し荷重を受ける鉄筋コンクリートばりの疲労強度(第2報)

発行年月 1980年9月 港湾空港技術研究所 報告 019-03-05
執筆者 上田茂,小島晃
所属 構造部 海洋構造研究室
要旨  鉄筋コンクリートばりの両張りおよび片振りの繰返し載荷試験を実施し,鉄筋コンクリートばりの破壊形式および疲労強度を検討した.試験ばりは,コンクリート強度,鉄筋比,スターラップ量などが異る複鉄筋長方形ばりである.試験ばりの載荷には,電気油圧式振動疲労試験機を用いた.
1)試験ばりの破壊形式はスターラップ量およびコンクリート強度の影響を受ける.
2)両振りおよび片振りの疲労強度の差は鉄筋の最大応力度と応力度振幅を指標にとれば同一レベルで評価できる.
3)両振りおよび片振りの両方を包含する100万回および200万回の疲労強度曲線が得られた.
4)くり返し荷重を受ける鉄筋コンクリートばりの残留ひびわれは幅,岡村の式あるいは港研の式で得られる計算値と一致した.
全文 vol019-no03-05.pdf(PDF/2.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る