大型矩形浮体の波浪中の動揺と係留力に関する研究(第1報)-模型実験による検討-

発行年月 1980年9月 港湾空港技術研究所 報告 019-03-03
執筆者 高山知司,永井紀彦,菊地治,諸石一幸
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  係留時の大形矩形浮体の動揺および係留系に働く力の推定法として,数値計算による方法が注目されている.しかし,現在のところ数値計算は新しい手法で有り,その妥当性および精度についてはまだ十分に検討されていない.このため,水理模型実験を実施し,その結果と当所が保有している数値計算プログラムを用いて計算した結果とを比較検討した.検討対象とした浮体は,390×97×26mの大型石油備蓄船を想定し模型縮尺は1/50とした.実験波は不規則波と規則波を作用させ,船体長軸から60°と90°の入射角をもつ2通りの波向について検討した.
 その結果,SURGINGを除いては,流体力係数に適切な修正を加えることにより,計算値と実験値は比較的よく一致し,断面分割法による数値計算プログラムで,大型矩形浮体の動揺と係留力がある程度推定でき,設計に応用できることが明らかになった.
全文 vol019-no03-03.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る