波高計群による方向スペクトルを用いた反射波推定法の検討

発行年月 1980年9月 港湾空港技術研究所 報告 019-03-02
執筆者 合田良実
所属 水工部 水工部長
要旨  海の波の方向スペクトルを観測する方法の一つは波高計群による波形の同時記録であり,その解析手法として最ゆう(尤)法が分解能の高さで注目されている.そこで,不規則波形の数値シミュレーション手法を用いて最尤法の適用性を検討したところ,自由な進行波については二つの波群が重畳している状態を的確に識別できることが確認された.しかしながら,構造物からの反射によって重複波が形成されている状況では,入・反射波の位相干渉のために方向スペクタルによる入・反射波の分離性能が低下することが明らかとなった.このため,方向スペクトルを用いた反射波の推定には限界がある.
 波高計群による方向スペクトル観測は1976年12月に仙台新港南防波堤前面で実施された.この解析結果では,周波数帯の一部に反射波の存在が認められ,また0.06~0.09Hzの低周波数帯において防波堤に平行に進行する沿い波の存在が示唆された.
全文 vol019-no03-02.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る