再浮遊した底泥の酸素消費実験

発行年月 1980年9月 港湾空港技術研究所 報告 019-03-01
執筆者 細川恭史,三好 英一,堀江毅
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨 水マノメータ式レスピロメータを用いて,浮遊けん濁時の底泥による酸素消費特性を調べた.浮遊けん濁時の消費は一次反応式でほぼ近似でき,酸素消費ポテンシャルと反応速度とをパラメータとして表示される.浮遊けん濁時の酸素消費量はけん濁底泥量に比例している.単位底泥重量当りの酸素消費ポテンシャルは,底泥に含有されている有機物濃度により左右され,底泥CODの1~2割程度である.一方,反応速度は水温により指数関数的に大きく変化する.
 底泥の巻き上げは,初期に著しく大きな酸素消費を招く恐れがある.夏期東京湾泥では,底泥の影響水深を底泥上1mまでとすると,不撹乱底泥の酸素消費量に見合う消費は,300mg/l程度の浮遊けん濁により起きることが予想される.
全文 vol019-no03-01.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る