有限要素法による鉄筋コンクリートスラブの弾塑性解析

発行年月 1980年6月 港湾空港技術研究所 報告 019-02-04
執筆者 関口信一郎
所属 設計基準部 計算室
要旨 鉄筋コンクリートスラブの破壊機構については不明な点が多い.本報告では,スラブがコンクリート層と鉄筋層から成り,各層は平面応力場にあること,ひびわれが進展するにしたがい中立面が移動することを仮定し,積層化有限要素法による,静的荷重を受けるスラブのせん断破壊をシミュレートした.既往の実験結果と比較検討し,本解析法が板の破壊過程,たわみ,終局極限強度をよく表現することを確かめた.
全文 vol019-no02-04.pdf(PDF/1.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る