石灰・セメント系安定処理土の基本的特性に関する研究(第2報)

発行年月 1980年3月 港湾空港技術研究所 報告 019-01-02
執筆者 寺師昌明,田中洋行,光本司,新留雄二,本間定吉
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨 前報に引き続いて,深層混合処理工法を実施して得られる石灰・セメント安定処理土の基本的特性を検討する.石灰・セメント安定処理の原理を紹介し,セメント安定処理効果に影響する要因は石灰安定処理の場合と同様であること,一軸圧縮特性や圧縮特性も石灰・セメント安定処理土で殆んど相違のないことを示している.一連の間接的引張試験,三軸圧縮試験から,安定処理土の引張強度は一軸圧縮強度の15%程度で,低拘束圧下では脆性材料として挙動すること,非圧密非排水条件ではΦu=0材料と考えて良いこと,そしてせん断強度の歪速度依存性は通常の粘性土なみに小さいことを示している.また有効拘束圧が圧密降伏応力に比べて相当小さい場合にも安定処理土は負のダイレイタンシー傾向を示すことを見出した.これは過圧密比の大きな過圧密粘土や軟岩にも認められず,間隙比の大きなまま固結した安定処理土に特有な性質と考えられる.
全文 vol019-no01-02.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る