直立消波ケーソンの上床版に働く揚圧力-空気圧縮モデルによる検討-

発行年月 1980年3月 港湾空港技術研究所 報告 019-01-01
執筆者 谷本勝利,高橋重雄,村永努
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  近年,直立消波ケーソンが護岸構造に用いられるようになってきた.この遊水室に上床版を設けた場合,これに作用する揚圧力が部材の設計上重要な外力となる.この揚圧力は遊水室の後壁と上床版および波面によって閉じ込められた空気の圧縮によって生ずる.本報告ではこうした空気の圧趣による揚圧力の算定法を提示し,縦スリットケーソンを対象とした実験によってこの方法の妥当性を検討した.この他次に述べる事が明らかとなった.
1)上床版に小さな空気孔を設ければ空気の圧縮による揚圧力は減少する.しかし空隙率がある程度以上になると水塊の直接的な作用による揚圧力が作用する.
2)揚圧力の実験値を現地に換算する場合には,単に幾何学的縮尺を考慮するだけでなく,空気圧縮のモデルによって補正しなければならない.
3)揚圧力が作用するときには遊水室内にも圧力が発生する.
全文 vol019-no01-01.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る