走びょう中のいかりの挙動と走びょう抵抗力特性

発行年月 1979年12月 港湾空港技術研究所 報告 018-04-03
執筆者 清宮理,藤澤孝夫,輪湖建雄
所属 構造部 主任研究官
要旨 船舶から投びょうされたいかりが,走びょうして海底パイプラインを破損する危険性がある.この走びょうしているいかりの挙動(いかりの姿勢および軌跡)を明らかにし,海底パイプラインの適切な埋設深さの決定に資するため,X線撮影法による室内模型実験を行った.また走びょう中のいかりの抵抗力特性をは握するため,あわせて室内模型実験を行った.その結果,以下に示す主要な結論を得た.1)砂質土地盤中にいかりがその全長程度潜り込んだ場合,ややむねいかりの全長の2~3倍の距離を移動すればいかりは地表面に引き出される.2)軟弱な粘性土地盤中では,地表面に引き出されることなくいかりは地盤中を移動する.3)軟弱な海底地盤に設置される海底パイプラインにおいては,いかりの貫入量以上にパイプを埋設しておけば,走びょうによりパイプが損傷を受ける可能性は小さい.
全文 vol018-no04-03.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る