護岸のある海浜の変形数値計算

発行年月 1979年12月 港湾空港技術研究所 報告 018-04-02
執筆者 小笹博昭,Alan H. BRAMPTON
所属 海洋水理部 海水汚染水理研究室
要旨  砂浜背後に護岸がある場合における,海浜数値変形の数値計算モデルを提案した.本モデルは,いわゆる『one line theory』を拡張したものであり,海浜変形の過程は二つの段階に分けられる.第1段階では,浜幅が十分に広く,護岸の存在は海浜変形に影響を及ぼさない.第2段階では護岸が海浜変形に影響を与え,護岸前面における水平なバームがなくなる.また沿岸漂砂量も減少し,第2段階の終りには海浜は静的平衡の状態になる.
 また,沿岸方向における波高変化を考慮した沿岸漂砂量公式を提案した.
 以上のモデルに対する偏数分方程式は差分法によって解くことができる.モデルの応用として,徳島空港の海上埋立に関する漂砂模型実験において得られたてい線と,数値計算によって予測されたてい線とを比較した.一般に良い一致が得られた.
全文 vol018-no04-02.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る