干潟上の潮流計算および干潟変形予測の手法

発行年月 1979年12月 港湾空港技術研究所 報告 018-04-01
執筆者 加藤一正,田中則男,灘岡和夫
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  本研究は,干潟地形(干潮時に海面上に露出する地形)の変形予測を行う数値計算モデルの開発を試みたものであり,干潟変形の外力としては潮流のみを,また底質移動は潮流による流砂だけを考慮に入れた.
 本モデルは,干潟上の流れを計算する潮流計算モデルとその結果に基づく流砂量計算モデルの二つで構成されている.前者はADI法により差分化し,境界を移動境界とした.後者では,流砂量公式としてBrownの式を採用し,混合粒径の各粒径ごとにそれを適用して全流砂量を計算した.地形変化量は流砂量に関する連続式より求める.
 本モデルを有明海の干潟に適用した結果,干潟上の流れ・恒流・潮位とも再現性がきわめて良好であり,また計算される地形変化はその地域・変化量ともに十分納得いくものであることが明らかとなった.
全文 vol018-no04-01.pdf(PDF/4.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る