出入港時における大型タンカーの操船および航跡について(鹿島港における実船調査報告)

発行年月 1979年9月 港湾空港技術研究所 報告 018-03-03
執筆者 上田茂,柳沢雄博
所属 構造部 海洋構造研究室
要旨  外洋に面するシーバースにおける20万D.W.Tタンカーの出入港操船,航跡,タグボートの支援状況,回頭状況,船体動揺量などを実船調査し,以下の知見を得た.
1)調査結果では,パイロットは波高3mの条件までは乗船している. 
2)防波堤先端付近では,波の影響による船首揺れ,横偏位などを避けるためH1/3=2m以上の場合5ktの速度で通過する.また,4kt以上のものは16船中14船あった. 
3)タグボートの制動による停止距離は4Lないし5Lとされているが,実船調査結果からほぼ妥当と思われる.
4)出港時の回頭に要した水域は,横偏位0.5L,縦偏位1Lおよび直径1Lの随円で近似できる. 
5)半載状態の20万D.W.T.タンカーが波高2.65m(Hmax)の海上を航行中のローリング,ピッチング,ヒービングによる最大沈下量は,1.66m,1.40m,0.7mであった.
全文 vol018-no03-03.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る