多列円筒浮体に働く津波力の算定法について

発行年月 1979年6月 港湾空港技術研究所 報告 018-02-01
執筆者 小舟浩治,高橋重雄,谷本勝利
所属 水工部 高潮津波研究室
要旨  上部構造を多数の円筒浮体によって支持している多列円筒浮体に働く津波力については,いままでほとんど究明されていない.ここでは多列円筒浮体に働く津波力の算定法を模型実験により検討し,さらにこの浮体の係留についても模型実験により検討を加えた.
 浮体全体に働く津波力は各々の円筒に働く水平力はMorison式によって求め,鉛直力については水位変動による浮力の変化に鉛直力係数を乗じたものと考えられる.実験結果では平均的に慣性力係数は2.86,抗力係数は0.45,鉛直力係数は1.07であった.津波力を求めるとき,入射波の諸元を各円筒での波高や流速としてもよいが,浮体による波の減衰や反射が考慮されればさらに適切である.浮体を水平方向にのみ拘束するように係留したとき,サージングの同期が津波の周期に比して十分短かければ,係留力は固定したときに働く水平力にほぼ等しいと考えられる.
全文 vol018-no02-01.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る