港湾計画における財政に関する研究(第一報)-港湾管理者財政の現状と特徴-

発行年月 1979年3月 港湾空港技術研究所 報告 018-01-04
執筆者 矢島道夫,中村松子,稲村肇
所属 設計基準部 主任研究官
要旨  本論は,港湾管理者財政の現状を解析するとともに,将来の管理者財政の状態を予測するためにシミュレーションモデルを提案したものである.
 資金運用表,企業会計方式による損益計算書及び港湾活動と財政の関係を表わす指標を用いて,港湾管理者財政を解析する方法を提示した.解析の結果,管理者財政の状態は,歳出に占める義務的経費(管理費と公債償還費)と施設整備費の割合の相違によって3つのグループに分けられること,及び公共取扱い貨物量の大小によって明らかな違いがあることがわかった.
 シミュレーションモデルは将来の歳入と歳出,経常収入と経常支出を予測するものであり,得られた結果は,港湾施設使用料等の料率と資金の調達方法等の財政運営政策の適否,及び財政的観点から港湾計画の実行可能性を検討するのに有用である.
全文 vol018-no01-04.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る