ダイナフレクトによる空港アスファルト舗装評価とかさ上げ厚設計

発行年月 1978年12月 港湾空港技術研究所 報告 017-04-05
執筆者 佐藤勝久,福手勤,佐藤峰夫,山崎英男
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  舗装の非破壊探査を目的として開発されているダイナフレクトを用いて,空港アスファルト舗装の評価とかさ上げ厚設計について検討した.
 その結果,ダイナフレクトのたわみは舗装の支持力の良い指標となることが明らかになり,さらに弾性理論を利用することによって精度の良いかさ上げ厚の設計が可能となることを示した.
全文 vol017-no04-05.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る