高圧水ジェットによる珊瑚礁岩の掘削性について

発行年月 1978年9月 港湾空港技術研究所 報告 017-03-02
執筆者 中島忠男,小岩苔生,岩崎峯夫,石塚浩次,東海林秀幸
所属 機材部 作業船研究室
要旨 圧力500kgf/cm2,流量900l/minの水馬力1000psという,他に類を見ない大馬力,かつ大流量の水ジェットを用いて,珊瑚礁岩の空気中掘削試験を実施した.珊瑚礁岩は外観からも認められるように多孔質,かつ不均質は岩石である.事実,シュミットハンマー反発値による推定圧密強度からも,局部的には大理石の圧密強度に近い高い箇所の存在することが確認された.さらに,圧密強度と圧製引張強度の比,すなわちぜい性度も14と高かった.これらのことから,珊瑚礁岩は水ジェットの水くさび作用を受けやすく,よく破壊される傾向にあった.したがって,水ジェットによる掘削工法は,珊瑚礁岩に対してかなり有望な工法であると思われる.なお,平均掘削深さに関する既存の実験式が,実験定数を変えるだけで適用可能であることも確認した.
全文 vol017-no03-02.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る