港湾地域における土の工学的諸係数の相関性

発行年月 1978年9月 港湾空港技術研究所 報告 017-03-01
執筆者 小川富美子,松本一明
所属 土質部 土質調査研究室
要旨  日本の港湾地域にの建設工事では,沖積層の特性がしばしば構造物の挙動を支配する.港湾技術資料No.71では,沖積層の物理特性,コンシステンシー限界,圧密特性を統計的に処理して相互の相関を示した.
 その後,土質試験法が改訂されたこと,そして土質調査で入手した信頼し得るデータがこの数十年間に蓄積されてきたため,筆者等はデータを再度解析した.
 本報告では前回に取り上げた特性に加えて,一軸圧縮強さ,有効土被り圧,圧密降伏応力を解析に加えた.沖縄,北海道を除く全国のデータの相関を議論し,さらに6特定地域のデータについては個別に相関を求めた.
 幾つかの特性は良い相関性を示しており,土質調査試験の計画段階において,また結果の評価において有効な利用が期待される.
全文 vol017-no03-01.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る